English

LFEC自衛隊横須賀基地研修会を開催

LFEC(女性会員)

2013年11月11日更新

護衛艦「たかなみ」の前で

護衛艦「たかなみ」の前で

ブリーフィングを受ける一行

ブリーフィングを受ける一行

艦内見学の様子

艦内見学の様子

とき

平成25年(2013)10月30日(水)9時45分〜14時30分

ところ

自衛隊横須賀基地

内容

 民間外交推進協会(FEC)のLFEC一行14名は10月30日、海上自衛隊横須賀基地を訪問し、交通艇に乗船しての横須賀港内見学、護衛艦「たかなみ」の乗船見学、基地内「長浦食堂」における体験喫食、そして潜水艦「おやしお」への乗艦見学を行う研修会を実施した。
海上自衛隊横須賀基地とは、岩手県から三重県に至る沿岸と伊豆七島、小笠原諸島を警備区域に持つ横須賀地方隊の基地で、本部は横須賀地方総監部という。横須賀基地は、米軍横須賀基地と隣接しており、潜水艦には米軍基地内に入ってから乗艦した。
一行は横須賀地方総監部広報係の手塚英司3等海尉の案内の下、まず交通艇に乗船して横須賀港内を見学し、続いて護衛艦「たかなみ」に乗船した。護衛艦「たかなみ」では、上田裕司艦長の挨拶で迎えられ、艦の性能や任務等のブリーフィングを受けた後、ブリッジ見学、ラッパ兵の実演鑑賞、54口径127mm速射砲(最大射程24km)、後部ヘリコプター格納庫等の見学を行った。
長浦食堂では、隊員たちが普段口にしている食事を体験、この日のメニューはローストビーフを中心とした定食だった。なお、名物の海軍カレーは毎週金曜日の昼に食べる習慣になっており、それは長い洋上勤務で曜日感覚がなくなってしまうのを防ぐためで、味付けは艦艇の料理人ごとに異なるという。
食後は米軍基地へ移動し、潜水艦「おやしお」に乗艦、生島正智艦長の挨拶の後、士官食堂において艦の性能や任務についてブリーフィングを受け、続いて3グループに分かれて指令室、機関室等の見学、操縦席での操作や潜望鏡の体験をした。
当日は天候にも恵まれ、一行は貴重な体験をすることができた。

< 一覧へ戻る