English

伊藤直彦団長以下第4次FECモンゴル訪問団が実り多い訪問を終えて帰国

モンゴル 日モ文化経済委員会 海外訪問団

2017年01月17日更新

ムンフバヤル都市計画相(前列中央)との意見交換

ムンフバヤル都市計画相(前列中央)との意見交換

ダシドルジ鉱業・重工業相との意見交換

ダシドルジ鉱業・重工業相との意見交換

チョイジルスレン蔵相(中央)との意見交換

チョイジルスレン蔵相(中央)との意見交換

とき

平成28(2016)年9月25日(日)~30日(金) 6日間

ところ

ウランバートル

概要

民間外交推進協会(FEC)が9月25日から6日間の日程で派遣した第4次モンゴル訪問団一行は、30日、実り多い訪問を終えて帰国した。
一行は、伊藤直彦FEC副会長兼日モンゴル文化経済委員会委員長(日本貨物鉄道㈱名誉顧問)を団長、城所卓雄FEC同委員会顧問(前駐モンゴル大使)を副団長、ペマ・ギャルポFEC参与(桐蔭横浜大学院大学教授)を顧問とする13名で、モンゴル(ウランバートル)を訪問した。
一行は出発に先立ち、9月9日にソドブジャムツ・フレルバータル駐日モンゴル大使を招いてのモンゴル研究会、9月13日には林伸一郎外務省アジア大洋州局中国・モンゴル第一課上席専門官を招いての事前説明会、さらに城所顧問を講師に勉強会を開催。出発前に現地の最新情勢を学び、準備を整えてモンゴル訪問へ臨んだ。
滞在中、初めに在モンゴル日本大使館を訪問し、ブリーフィングJ.エルデネバト首相への表敬訪問が実現したほか、大臣級ではB.チョイジルスレン大蔵大臣、G.ムンフバヤル建設・都市計画大臣、T.ダシドルジ鉱業・重工業大臣、J.バトソーリ教育・文化・科学・スポーツ大臣、B.バヤルサイハン国家開発庁長官との意見交換が行われた。また、FEC会員である㈱東横インがウランバートルに建築中のホテル見学、日系企業の賛光グループモンゴルの視察を行い、モンゴルの最新現地事情を把握した。

日程

〈9月25日〉午後=成田空港集合、MIATモンゴル航空にてウランバートルへ。
〈26日〉午前=日本大使館歓迎昼食会。 午後=東横イン・ウランバートル見学、賛光モンゴルグループ(日系企業)訪問。夕食会並びに結団式。
〈27日〉午前=B・バトツェツェグ外務副大臣との意見交換。J・バトソーリ教育・文化・科学・スポーツ大臣との意見交換。 午後=新モンゴル学園訪問。G・ムンフバヤル建設・都市計画大臣と意見交換。
〈28日〉午前=ダンバダルジャー日本人抑留中死亡者慰霊碑献花。 午後=L・プレブスレン大統領補佐官との意見交換。文化視察。
〈29日〉午前=B・バヤルサイハン国家開発庁長官との面会。T・ダシドルジ鉱業・重工業大臣との意見交換。 午後=J・エルデネバト首相表敬訪問。B・チョイジルスレン大蔵大臣との意見交換。在モンゴル日系企業、北東アジア協会関係者をお招きしての夕食会。
〈30日〉午前=MIATモンゴル航空にて成田へ。 午後=成田空港着。

団員

団長=伊藤直彦・FEC副会長兼日モンゴル文化経済委員会委員長、日本貨物鉄道(株)名誉顧問
副団長=城所卓雄・FEC日モンゴル文化経済委員会顧問、名古屋大学特任教授、前駐モンゴル大使
顧問=ペマ・ギャルポ・FEC参与、桐蔭横浜大学大学院教授
団員=金子光邦・港総合法律事務所所長、佐藤修・日本捲線工業(株)顧問、錦光山和雄・(株)開拓社取締役会長、奥山靖司・(株)東横インホテル企画開発取締役、杉山龍雄・日本通運(株)東アジアブロック地域総括、飯沼秀一・(株)IPパートナーズ代表取締役、小泉文恵・(一社)静岡アジアパシフィック協会事務局長、菅原正夫・有限責任あずさ監査法人Global Japanese Practice シニアマネージャー、エルデネバヤル アルタンズル・ノムラインターナショナル(香港) リミテッド シニア・コンサルタントアジア・インベストメント・バンキング、西谷直博・KPMG三晸会計法人日本事業本部シニアマネージャー(順不同、敬称略)
添乗員=1名

< 一覧へ戻る